水虫の予防方法!再発防止・他人にうつさない為にも

水虫

水虫が治っても、再発してしまったら悲しいですよね。
それに今水虫になっている方も、家族や友人にうつしてしまうと申し訳が立ちません。
そんなことにならないように、日ごろから気を付けたい予防方法をご紹介します。

足を清潔に

日頃から足を清潔に保つことを心掛けましょう。
毎日の入浴は勿論、帰宅後すぐに足を石鹸で洗うのが一番の予防方法だと言われています。

足の湿気対策

湿気は雑菌の好物であり、水虫の菌にとっても例外ではありません。入浴後や足を洗った後はすぐに水気をふき取り乾燥させましょう。
普段履く靴や靴下も、なるべく通気性がいいものを選びたいですね。
お仕事の事情などで長時間通気性の悪い靴をはかざるを得ない場合は、なるべく定期的に靴を脱いだりサンダルに履き替えるなどして湿気にさらす時間を減らす工夫をしたいです。
また、指と指がくっついていると湿気ができやすいので、5本指の靴下を履くのも有効な対策です。

こまめに掃除をする

水虫の菌は、剥がれ落ちた皮膚のかけらにも潜んでいます。
そして、その皮膚のかけらを栄養に、なんと1年くらいは生きているそうです。
もし水虫を治療してもそのかけらが家の床に残っていたら、踏んでまた再発してしまいます。
また、家族が踏んでもうつしてしまいますし、友人が遊びに来た時うつしてしまう恐れもあります。
皮膚のかけらは掃除機で簡単に吸い込めますので、普段あまり掃除をされない方はこの機会にこまめに掃除する習慣を身に付けましょう。

こまめに洗濯をする

当たり前だと思われるかもしれませんが、これは普段身に着ける衣類に限った話ではありません。
水虫の家庭内感染で最も多いといわれる足ふきマットの洗濯も大事です。
尚、家族の衣類をまとめて洗濯するとき水虫の菌がうつらないか心配になる方もいるかと思いますが、それは基本的に問題ありません。

アルコール除菌も有効

洗濯しにくいようなものは、こまめに除菌しましょう。
スリッパや靴なんかもそうですし、カーペットなども除菌しておくと安心です。
手軽に購入できるアルコール除菌スプレーを使うのがおすすめです。

足が触れるものの共用を避ける

スリッパや靴、ないとは思いますが靴下など、足が触れるものの共用はなるべく避けましょう。

裸足で過ごす人が多い施設では気を付ける

銭湯やサウナ、スポーツジムなど裸足で過ごす人が多い場所では知らない人の水虫をもらう可能性があります。
そういった場ではなるべく裸足でいなくて済む場所では裸足を避け、帰宅後足を洗うなどの対策が有効です。

コメント