水虫の種類まとめ!感染するのは足だけじゃない!?

水虫

水虫といえば足の病気というイメージが強いと思いますが、実は結構色んな種類があります。
この記事では水虫という病気について、その種類を中心にまとめました。

水虫とは

水虫は皮膚糸状菌、通称白癬菌(はくせんきん)という真菌・カビの仲間が皮膚に感染して起こる感染症のことで、白癬ともいいます。
日本には40種類以上の白癬菌がいる中、人に感染する白癬菌はおよそ10種類といわれています。

足に感染する足白癬が有名で、足の指の間にできる趾間型白癬、足の裏にできる小水疱型白癬、角質増殖型白癬などの種類があります。
白癬は足白癬が多いですが、その他にも爪に感染する爪白癬、手に感染する手白癬、頭に感染するしらくも、股から下腹部・お尻にかけて広がるいんきんたむし、胸や首・顔などのぜにたむしなど身体のいたる場所に感染する可能性があります。

足水虫(足白癬)の種類

趾間型白癬

趾間型白癬は、足水虫の中でも有名な水虫です。
足の指の間、特に小指と薬指の間からできやすく、患部ががじゅくじゅくとして白っぽくふやけます。
白くふやけた皮膚は割れたり剥がれやすく、剥がれた皮膚から菌を拡散させ、痒みや痛みもでます。

小水疱型白癬

小水疱型白癬は、足水虫の中で最も多い水虫です。
足の裏に2ミリ前後の小さい水疱ができ、強い痒みを伴います。

角質増殖型白癬

角質増殖型白癬は、痒みが少なく中々気付きにくい水虫です。
かかとや足の裏の皮が分厚く硬くなり、カサカサと乾燥して皮が剥けてきます。

その他水虫の種類

爪水虫

爪水虫は爪白癬ともいい、名前の通り爪に感染した水虫です。
痒みがない為初期は気付きにくいですが、爪が白く濁って分厚くなり、やがてボロボロと崩れるようになります。

手の水虫

手の水虫は手白癬ともいい、基本的には足水虫と同じような症状です。
足と比べて感染し辛く、感染率は足水虫の1割程度と言われています。

しらくも

しらくもは頭部白癬とも呼ばれる頭の水虫です。
円形脱毛やフケなどの症状が見られますが痒みはなく、ペットからの感染が多いようです。

いんきんたむし

いんきんたむしは股部白癬ともいい、太ももの内側や陰部、臀部などの水虫です。
患部は丘疹が並んで堤防のようになり、赤みや色素沈着が見られ、痒みを伴います。

ぜにたむし

ぜにたむしは体部白癬とも言われ、顔や首、胸などこれまで紹介した部位と異なる場所にできた水虫の総称です。
患部はピンクから赤色で円形になる場合が多く、その境界は隆起し鱗屑が見られ、かゆみを伴います。

コメント